発達障がい児とその家族のための
はぁもにぃくらぶ

おやこのイメージ

日中一時支援事業のご案内

日中一時支援のイメージ

日中一時支援事業とは?

厚生労働省の資料では、「障害者等の日中における活動の場を確保し、障害者等の家族の就労支援及び障害者等を日常的に介護している家族の一時的な休息を目的とする」と定義されています。

なんだか難しい言い回しですが、要するに、障がい児などに遊びや交流の場を提供してお預かりすることで、そのご家族の方に少しお休みいただいたり、リラックスしていただいたりできるようサポートするための事業です。

母と子のイメージイラスト

日中一時支援事業の内容

日中一時支援事業には、「日中型」と「タイムケア型」があり、利用時間などが変わります。

日中型
学校がお休みのときなど、日中の活動の場を提供します。
最大6時間で、4時間半までと4時間半〜6時間で料金が変わります。また、6時間を超える場合は、タイムケア型との併用となります。
タイムケア型
学校が終わった放課後の活動の場を提供します。
1時間ごとの料金になり、お預かり時間に応じてお支払いいただきます。

日中一時支援のご利用について

利用対象
倉敷市の受給者証をお持ちの方
※受給者証をお持ちでない方はご相談ください
対象年齢
2歳〜15歳
定員
15名
利用可能曜日
月曜日〜土曜日、第1・第3日曜日
※祝日、年末年始、お盆の時期を除く(祝日は開設している日もありますのでご確認ください)
利用可能時間
タイムケア型:学校の放課後〜18:30
日中型:8:00〜18:00(6時間を超える範囲はタイムケアと併用)
※時間外についてもご相談ください
利用料
倉敷市が定める保護者負担額+おやつ代などの実費
日中型の市が定める負担額
区分 4時間半まで 4時間半〜6時間
区分A 340円 500円
区分B 300円 450円
区分C 160円 400円
タイムケア型の市が定める負担額
区分 1時間ごと
区分A 130円
区分B 110円
区分C 90円
実費の例
項目例 金額例
おやつ 50円
昼食 400円
施設費 50円
送迎
5km圏内
※5kmを超えるエリアの方もご相談ください
催しなど
調理実習、おやつ作り、サッカー、公園や児童館遊び、施設見学、牧場見学、買い物、外食実習、プール、海や川遊び、デイキャンプなど多数
※実費負担あります

ご検討中のみなさまへ
お問い合わせはこちらから

☎070-5673-2332